【コラム】01.僕の漁師デビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

西に玄界灘、東に響灘を望む全国でも有数の水揚げを誇る鐘崎漁港。

父や祖父の背中を追いここ鐘崎で漁師を始めて今年で18年目になります。

僕は先祖代々続く漁師の家の長男として生まれ、家長が後を継ぐという事がこの地域ではごくごく当たり前の中、幼少の頃より「漁師は継がんでよか」と言われ育ちました。

一番近くで祖父や父の背中を見て育った分、大変さもわかっていましたし、僕には出来ない、やりたくない仕事でした。高校も進学校に通い、漁師になる気持ちは一切ありませんでした。

しかし、二年生になってすぐ高校を退学。見かねた父から「根性を叩きなおす」と無理やり漁船に乗せられました。この経験が僕の人生を変える大きな出来事となります。

体も大きく体力には自信のあった僕ですが、海の上ではまともに立つ事さえ出来ずに波に合わせ転げまわるばかり。しまいには恐怖と船酔いでただうずくまるだけで精一杯でした。

そんな僕を尻目に、黙々と仕事をこなし自由に自在に体を動かす父や乗組員の姿に驚愕したと同時に、今の自分との歴然とした「差」を思い知らされる事となりました。

しかし、僕の気持ちは「出来ない、やりたくない」から、「僕も早くこうなりたい」と言う強い憧れや尊敬の念を抱く気持ちに変わっていました。それからはどうしても漁師になりたいと言う自分自身の強い気持ちが抑えられず、父や祖父にその気持ちを伝え、ようやく僕の漁師デビューとなった訳です。

「漁師の本当の大変さ」

この頃の僕にはまだ知る由もない訳ですが、日本が直面する漁業の問題や現状をこの記事を通し知って頂き考えて下さるきっかけになればと思います。

 

宗像海人航海日誌(1)

権田 幸祐
1984年6月25日生まれ。
先祖代々続く漁師の家に生まれる。春から秋にかけては巻き網漁、冬はトラフグ漁に従事する傍ら
漁業を盛り上げるべく日々奮闘中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加